2005年3月10

 JAL“認識の甘さ”と“情報伝達”に問題
 管制指示違反と部品誤使用で国交省へ報告

  日本航空の新町敏行社長、日本航空インターナショナルの羽根田勝夫社長、日本航空ジャパンの小松原光雄社長は9日、国土交通省内で会見し、さる1月22日に発生した新千歳空港でのJL1036便の管制指示違反と、昨年12月に判明した貨物機着陸装置の部品誤使用について、現在把握している事実と、再発防止策を発表した。会見には3社長のほか、日本航空ジャパン代表取締役専務の松本武徳氏と日本航空インターナショナル執行役員整備本部副本部長兼部品事業部長の芳賀正明氏も出席し、今回の事案についてお詫びをした。同日3社社長は国土交通大臣、事務次官、航空局長へも報告を行った。


WING DAILY CONTENTS
<HEADLINE NEWS>
★JAL“認識の甘さ”と“情報伝達”に問題
 管制指示違反と部品誤使用で国交省へ報告
 ・・新千歳事案、管制指示の確認に不備
 ・・ANA機の位置未確認で、十分伝達されず
 ・・部品誤使用、肉厚1ミリの違いで気付かず
 ・・マージン低下数%で「緊急性の認識に甘さ」
★航空局長「具体策提示次第、的確に指示」
 今月中に具体策を国交省に提示へ
<航空関連ニュース>
★ANA、国際線の機内エンタメに3Dサウンド
 4月からAVOD設置機全クラスに
★指定養成施設での教育課程の弾力化など決定
 航空局、技能証明の学科試験を年6回以上に
★大阪府、関空の集客・利用促進に2.1億円
 ファムトリップ、旅行会社のツアーに協賛も
★山梨県中央病院ヘリポートの航空灯火が供用
 急患医療活動の諸活動へ対応
<海外メーカーニュース>
★エールフランス、777-300ERを4機追加発注
ボーイング発表、合計12機を導入へ
<航空工業ニュース>
★MHI、SH-60J最終号機(103号機)を完納 
<海外エアラインニュース>
★キャセイ、04年度決算は過去2番目の好業績に
★MASとSIA、シルクエアーがコードシェア提携
 アセアン域内のオープンスカイ化に対応
★ANZ半期決算、減益ながらも復配に
★アマデウス「e-トラベル」ブッキング数大幅増
 04年度72%増、60社以上の航空会社が採用
<旅行関連ニュース>
★中国最大のポータルサイトで訪日旅行特集
★サッカー・ドイツ・コンフェデ杯観戦ツアー発売
 ANAMセールス、3泊5日で予選3試合に全て設定
★東急観光、修学旅行変更保険を4月より発売
 新幹線の運休等による予定外の支出を補償

back to WING DAILY INDEX


Copyright (c) 2005 The WING Aviation Press Co.,LTD, All RIght Reserved.

当ページのニュースは、日刊民間航空E-MAILニュース「WING DAILY」
から一部を抜粋し、掲載しています。
ニュースの続きは、「WING DAILY」でお読みいただけます。

お申し込みはこちらから
お問い合わせ mail@jwing.com
「WING DAILY」
(毎週月曜〜金曜発行、祝日休刊)
購読料(消費税込み):半年間33,600円 一年間63,000円