2005年5月30

 NAA、6月2日にIATAへ空港使用料案を提示
 東峰区と早期会合に努力、国内線で中部影響も

 成田国際空港株式会社の上子道雄常務は27日の記者会見で、現在引き下げの検討を進めている空港使用料について、「6月1日の取締役会の翌日(2日)にIATAへ提案したい」との見通しを示した。上子常務は内容の詳細は明らかにしなかったものの、着陸料だけでなく、各種施設の使用料なども含めた空港使用料全体として提案する意向。使用料は基本的に「受益に相当する料金か、コストに見合った料金かを見て見直す」方針で、項目によっては若干の料金の上げ下げもありそうだ。ただ、総体的には「エアラインとのパートナーシップ」を考慮に入れて航空会社の負担が軽減されるよう検討を進めていると説明しており、「私ども(NAA)の収入は減る」見通しと説明している。 


WING DAILY CONTENTS


<HEADLINE NEWS>
★NAA、6月2日にIATAへ空港使用料案を提示
 東峰区と早期会合に努力、国内線で中部影響も
<航空関連ニュース>
★航空局、安全確保で抜き打ち検査を実施
 航空輸送安全対策委員会も6月中旬メド設置
★重大例なしも、Hエラー訓練の不備など発覚
 航空局緊急安全点検状況、JAL毎月報告求める
★北側国交相、6月3〜5日に訪韓へ
 韓国文化観光部長官らと会談、KOTFA参加
★JAL、喘息の診断受けた乗員が乗務
 航空局、航空法違反なら処分検討も
★パイロット・CAが乗務前12時間以内に飲酒
 ANA、社内規程に違反で処分
★事故調、JALの徳島事故で経過報告
★JAL、省エネキャンペーンに参加
 「チーム・マイナス6%」の参加企業に
★エアーセントラル4月、利用率が56.6%に改善
 中部−新潟/徳島など6割前後、成田仙台は減
★JAC、Q400を沖永良部−鹿児島線に投入
 YS就航時から25分短縮、28日から2往復で
★4月の沖縄訪問客数、6.7%増の44.6万人と好調
 IDB年次総会や修学旅行客の増加が牽引
★沖縄県の2004年観光収入、3.3%減の3631億円
 観光客数は増加も、一人当たり消費額が4.5%減
<航空工業ニュース>
★ジャムコ社長に寺田常務の昇格内定
 川島社長は会長に、JAL、ANAより代取副社長
<海外エアラインニュース>
★SASオルセン総支配人、昨年以上の旅客に期待
 機内ネット順調、ストックホルム直行便開設に努力
<人事異動>
★JTA、山田専務が副社長に昇任
 新役員体制、大森常務は専務へ
★JTAグループ役員人事内定
 JTAサザン社長に備瀬氏、JTAインフォ社長に吉田氏
★福岡ビルディング、常務に鶴氏が内定
 非常勤でANAの伊藤執行役員も
<旅行関連ニュース>
★中国人の海外旅行平均消費額約1000米ドルで世界一
 ―ACニールセン調べ、20代女性層が牽引、香港が人気

back to WING DAILY INDEX


Copyright (c) 2005 The WING Aviation Press Co.,LTD, All RIght Reserved.

当ページのニュースは、日刊民間航空E-MAILニュース「WING DAILY」
から一部を抜粋し、掲載しています。
ニュースの続きは、「WING DAILY」でお読みいただけます。

お申し込みはこちらから
お問い合わせ mail@jwing.com
「WING DAILY」
(毎週月曜〜金曜発行、祝日休刊)
購読料(消費税込み):半年間33,600円 1年間63,000円