HEADLINE NEWS JWING
from
WING DAILY

back to home

2005年7月〜


06.30.2005


06.29.2005


06.28.2005


06.27.2005


06.24.2005


06.23.2005


06.22.2005


06.21.2005


06.20.2005


06.17.2005


06.16.2005


06.15.2005


06.14.2005


06.13.2005


06.10.2005


06.09.2005


06.08.2005


06.07.2005


06.06.2005


06.03.2005


06.02.2005


06.01.2005


05.31.2005


05.30.2005


05.27.2005


05.26.2005


05.25.2005


05.24.2005


05.23.2005


05.20.2005


05.19.2005


05.18.2005


05.17.2005


05.16.2005


05.13.2005


05.12.2005


05.11.2005


05.10.2005


05.09.2005


04.28.2005


04.27.2005


04.26.2005


04.25.2005


04.22.2005


04.21.2005


04.20.2005


04.19.2005


04.18.2005


04.15.2005


04.14.2005


04.13.2005


04.12.2005


04.11.2005


04.08.2005


04.07.2005


04.06.2005


04.05.2005


04.04.2005


04.01.2005


03.31.2005


03.30.2005


03.29.2005


03.28.2005


03.25.2005


03.24.2005


03.23.2005


03.22.2005


03.18.2005


03.17.2005


03.16.2005


03.15.2005


03.14.2005


03.11.2005


03.10.2005


03.09.2005


03.08.2005


03.07.2005


03.04.2005


03.03.2005


03.02.2005


03.01.2005


02.28.2005


02.24.2005


02.23.2005


02.22.2005


02.21.2005


02.18.2005


02.17.2005


02.16.2005


02.15.2005


02.14.2005


02.10.2005


02.09.2005


02.08.2005


02.07.2005


02.04.2005


02.03.2005


02.02.2005


02.01.2005


01.31.2005


01.28.2005


01.27.2005


01.26.2005


01.25.2005


01.24.2005


01.21.2005


01.20.2005


01.19.2005


01.18.2005


01.17.2005


01.14.2005


01.13.2005


01.12.2005


01.11.2005


01.07.2005


01.06.2005


01.05.2005


ANAスーパーシート“高付加価値戦略”奏功か
 利用率7.7ポ改善し約8割、羽田−福岡は84%

JAL株主総会、安全に関する質問が圧倒的に
 退職慰労金うち切り、整備の外注化などで質問

スターフライヤー、来月にも国へ許可申請
 発着枠確保、新北九州の運用時間延長が課題に

台湾で“北陸ブーム”?、富山チャーター激増
 VJC/地元誘致奏功か、今年度は10倍近い171便

子会社への整備委託増加で、整備のあり方調査
 ATEC、RNAVの運航基準検討でW/Gも設置

国交省、NAAへ「7月中旬」までの報告求める
 次回で「用地交渉に繋がる話」出るかが焦点に

CBボーイング、機内での電話サービスを検討
 年内にもJAL、ANAもCBB対応機でライブTV可能

羽田金浦チャーター、8月から8便へ倍増で合意
 航空各社、今月中にも国交省に申請へ

航空局、日韓チャーター増便へ最終調整
 到着に公用枠使用、首脳会談経て今週中に公表

航空機需要、2005年は“回復”傾向が顕著に
 すでに昨年実績超える発注、2社で473機確保

エアバス副社長、JALのA380機導入に強い期待
 産業界での密な協力、航空機の販売にも反映を

1〜4月の失踪率0.17%、過去最低レベルで推移
 中国人訪日団体観光、地域拡大も抑え込み成功

ボーイング・ムラーリーCEOインタビュー
 747 Advanced開発を今年後半にも判断

国際線ターミナル実績なくとも対象、門戸開放
 羽田国際線PFIで、国交省“自由な提案”歓迎

羽田国内貨物、年率4〜6%で需要が拡大
 深夜貨物便も寄与か、貨物上屋の入居率9割に

成田空港、就航機のジャンボ機比率が更に低下
 04年度は半分以下、暫定供用後も減少止まらず

航空局、管制ミスで有識者の委員会設置検討
 羽田増枠先送りなど受け、外部からも再検証を

ACCJ、成田空港の更なる着陸料削減を提言
 5年で年間10%削減を、商業収入08年50%に

航空局長、羽田−金浦は夏実現「頑張りたい」
 首脳会談合意は重要、増枠は外部委員会カギか

スターアライアンス、流通コスト削減へ
 GDSの代替システム検討、既存システムと競争

国交省、静岡空港の土地収用で審議会へ付議
 土地収用の手続き是非、審議会で判断へ

SNA羽田−長崎線、普通運賃・大手より6000円安
 8月から6往復で就航、ダイヤも競争力高く

作業工程管理は現場に依存、“組織”での管理不備
 ジャムコ、業務改善勧告受け組織など見直し

NAA、6月2日にIATAへ空港使用料案を提示
 東峰区と早期会合に努力、国内線で中部影響も

ANA山元社長、低コスト会社成長すれば第2ブランドも
 羽田深夜貨物参入、国際新路線はビジネス重視

NWAスティーンランドCEO
 B787、成田−ニューヨーク線へ投入

中田・横浜市長インタビュー、羽田・成田の分担見直しを
 国家戦略上の検討要請、羽田から3000キロ目安に

岩村次官、羽田−金浦増便「今夏」へ検討進める
 国内線「実施時期慎重に」事実上先送りへ

羽田空港、8月1日からの国内線増便先送りに
 調整が難航、安全体制の構築先行求める声あり

羽田増枠、新規会社へは5往復配分検討
 未使用8往復分に追加、金浦へは4往復

航空機製造事業法認可受けず航空機修理
 日航、自社の規定不備と知識不足等が原因

スターフライヤー「母なる彗星」でブランド戦略
 黒と白の機体デザイン、来年3月羽田−新北就航へ

羽田、新滑走路工事でC滑走路の運用制限検討
 建設機械の高さが問題、工期タイトで制限拡大も

局長、成田は1週間より長い期間で様子見
 日中航空交渉は来月東京開催で調整

新規貨物航空会社ジェットエイト
 使用機材A300型機でほぼ固まる

SNA、今月から737の170席仕様改修に着手
 年17.5万席追加で増収狙う、8月までに完了へ

「地権者との交渉、根本的解決なるか見極めたい」
 北側大臣、成田滑走路問題は判断にもう暫く時間

成田会社、東峰4戸と昨日二回目の話し合い
 NAAの謝罪文了承も用地交渉前提にせず協議へ

ノースウエストが787型機68機の採用を決定
 確定18機/オプションで50機、米国系は2社目

17年度から広域航法導入を具体化 
 航空局、連絡協議会で方策を策定

不適切な航空機整備作業で
 東京航空局、ジャムコに業務改善勧告

岩崎航空局長、ANK社長に管制指示違反で厳重注意
 極めて遺憾、具体的な再発防止策報告求める

航空安全シンポジウムを開く
 航空連合、信頼回復で組織でも推進

羽田金浦チャーター、04年度は個人客がITCより多く
 深夜早朝は横ばい、成田チャーター増加も顕著

羽田から「北京・台湾を」求む声、2/3超える
 横浜市が企業に調査、2000キロ目安に異議

スカイマーク、澤田氏が会長を退任
 西久保氏が会長兼務、澤田氏はSKYに籍なしに

スカイマーク羽田−関空線は4月は伸び悩み
 関空副社長、中部開港の影響「目立ってない」

黒野NAA社長、本来計画に朗報も猶予求める
 北側国交相、報告受け近く整備方針を決定へ

JAL、事業改善命令受け改善措置を大臣へ報告
 「安全意識が希薄」「持株会社方式も背景」

JAL、副操縦士が社内規定違反し離着陸
 国交省内で会見、記者団からは厳しい質問も

“純国産旅客機”を開発へ、三菱重工が意思表示
 今年度から4列席50席クラス相当の実証機試作へ

IATA事務総長、成田着陸料「20%値下げを」
 04年業績良くNAA提案に期待、中部等は評価

「羽田増便は8月1日をターゲットにしたい」
 岩崎航空局長、配分は「バランス考えて」

国交省、羽田の1日14往復増便を千葉へ提案
 きょう千葉の市町村へ説明、実施時期まだ不透明に

05年航空業界春闘、JAL労組一時金3.6ヶ月+α
 航空連合加盟組合、4ヶ月下回るも条件付給付多く

ANA04年度のネット販売額27%増の2300億円
 国内線個人ネット予約5割、国際線eチケ率17%

地方空港でも“利用者利便”のマインド徐々に
 HPで運航情報/空港核に周遊バス/外国語対応も

羽田再拡張で成田運用時間外に国際貨物便検討
 国交省、国際物流施策の課題で中間まとめ

保安水準の「フェーズE」を「レベルI」として恒久化
 国交省、航空貨物に対する保安基準も強化

AIR NEXT社長「品質維持しつつコスト変革を」
 運航乗務員のすそ野「なんとか広げたい」

成田第三滑走路構想「100%検討の事実なし」
 成田会社、3月末報告期限まで最大限努力

岩崎航空局長、トラブルミス多く日航を査察
 国会で北側大臣、原因究明が必要と発言

関空夏ダイヤ便数、過去最高の712便に
 アジア各社が増便、中部開港も便数は影響なく

成田暫定滑走路、深夜早朝時間の運用を一部制限
 22時台/6時30分前の便を前後の時間にスライド

羽田新滑走路、鹿島らJVが5980億円で落札
 過去最大の事業、来春着工/完成09年2月27日

SKY-国交省裁判、両者の主張概要明らかに
 国交省、SKYの原告適格性に問題と主張

04年暦年、国内航空旅客数は3%減の9377万人
 国際旅客数は21.3%増の1770万人と大幅増

新町氏CEO就任4月に前倒し、報酬50%カット
 兼子氏は代表権を返上、羽根田氏ら降格

国交省、8月メドに羽田1日14往復増便へ調整
 管制・自治体との調整残る、金浦8便化近づく

IATA発行Eチケット率、04年は19%に達する
 05年末までに40%目標、07年の100%に自信

ジェットエイト、来春〜夏に航空貨物事業へ参入計画
 中型機で中部−上海、広州、今夏に8億円増資目標

I BEXエア森崎新社長、来年度収支均衡化に全力
 まず既存路線の利用率向上「差別化」で認知を

JAL、日本航空グループCEOに新町氏
 兼子氏は代取会長、羽根田氏がJALJ・I社長に

JAL“認識の甘さ”と“情報伝達”に問題
 管制指示違反と部品誤使用で国交省へ報告

「関西国際空港利用促進本部」が27日に発足へ
 07年の13万回達成へ地元取組みを“監視”

北九州市、スターフライヤーへ10億円上限に助成
 初期投資の負担軽減狙う、空港関連企業にも

岩崎局長、羽田夜間国際線は距離制限なしも
 長距離国際貨物に“道”、発着回数1時間10回も

岩村国交省事務次官、全土ビザ拡大を最終調整
 まず万博期間中か無期限緩和か、開会前決着微妙

JALの操縦士2名を行政処分へ
 航空局、管制指示の違反事項で

航空局、新千歳でのJAL機管制指示違反で調査へ
 JALに整備事案に続く報告遅れで“厳重注意”

中部国際空港開港、利用者1日10万人突破
 スカイタウンに入場制限、各店記録的な売上

国交省、成田空港の時間値見直し可能か再検証
 B滑走路中心に検討、実測調査見て対応

日本空港ビル社長に生え抜きの鷹城副社長昇格
 門脇社長は相談役に、3円の記念配当も決議

外国人操縦士の導入基準時間短縮で
 航空業界、法務省に基準緩和要請

中部空港に米国貨物航空会社が新規就航の公算
 米運輸省が日米路線の後発企業に指定

スターアライアンス、中部国際空港をハブ化
 最短乗り継ぎ1時間、世界第二位のラウンジも

ボーイング787、191機受注でプログラム順調
 機内環境良さアピール、手荷物収納/湿度も改善

ボーイング、“世界最長の航続距離”777-200LR披露
 「ワールドライナー」と命名、シンガポール−NY直行可能に

北側大臣「中部開港は関空の経営に影響しない」
 成田・羽田・関空整備で4空港の機能分担を検討

平野社長「最も国内線充実の国際空港」
 中部国際空港、皇太子さま出席し開港記念式典

再拡張、深夜早朝定期国際線は年40万回の枠外で
 夜間は距離制限なし、長距離国際貨物便に商機

エアバス、日本市場でのセールス抜本見直しへ
 フクシマ氏が日本法人CEO、役職者・スタッフも増員

JAL、米中間の需要喚起狙いシカゴ増便
 成田−シカゴ10便へ、青島もデイリー化

2月17日から航空機の位置情報など各社へ
提供 定時性/サービス性向上も、ANA/中部ら入手へ

JAL150席クラス小型機をB737NGに決定
 確定30機・オプション10機、調達条件と経済性で

航空局、航空情報センター設立を準備
 滑走路閉鎖なども迅速通知、ノータム等も一括管理へ 

航空局、羽田増枠「今夏実施あきらめていない」
 占有時間短縮困難も、総合的な検討進める方針

SKY西久保氏「ADO問題はっきり決着つけたい」
「JALとSKYが同じ事をしても良いか見極め」

新規コミューター・エアトランセが3月就航へ
 HIS澤田氏が出資「コミューター成功モデルを」

中国航空6社が7E7を60機発注、北京五輪の08年受領
 ボーイング、7E7の型式番号を「787」に決定

広州線など中国線更に増強・効率化で“筋肉質”へ
 ANA05年度計画、内際で機材さらに小型/効率化

関空、国内線に「関空復便割引」最大94%引き
 国際線にオフピーク割引でジャンボ66万円も

羽田増枠向けた実測調査、厳しい結果に
 総合的な検討必要に、2月1日にWG開催へ

ボーイングが737市場を強化、737-900Xを検討
 180〜215席想定、今後は737クラス需要大と予測

中部平野社長、国際線週300便ほぼ達成でスタート
 欧米直行便引き続き誘致「何社か乗り入れ希望」も

JAL2005年度路便計画、韓国・台湾線を増便
 国内、神戸路線を1日10便程度の運航検討

羽田再拡張で国際線発着回数は弾力的に運用
 今後発着枠回収せず−岩崎航空局長が講演

エアバス、A380の初号機を初めて世界に披露
 全世界から300名超が出席「欧州の成功」アピール

航空局、航空法改正法案を通常国会に提出へ
 航空管制が中心、語学証明制度も

成田でJAL/ANAも参画しe-Passport連携実証実験
 カードに格納した顔・指紋等の情報で本人確認

神奈川口連絡道路、おおよその範囲固まる
 旧いすず自の敷地から天空橋−旧JALラ整ビルの範囲に

羽田2ターミナル側駐車場、年末年始に混雑
 ターミナル前面道路も渋滞、抜本的対策必要に

成田滑走路、今年3月末に再度状況報告を指示
 北側大臣、北伸案の社内検討も求める

黒野社長、今日北側国土交通大臣に報告へ
 成田空港の用地交渉の進捗状況について

日中航空交渉が今月18日からいよいよ開催へ
 中部睨んだ輸送力拡大、上海新R/Wの配分等も注目

ANA、国際線燃油サーチャージの設定を申請
 2月1日購入分から、40ドル下回れば廃止

羽田増枠に向け、今月11日から2度目の実測調査
 今夏の増枠への検討材料、2タミ供用後も加味




2005年7月〜

〜2004